浄化槽の維持管理サービス

犬山衛生社は、住宅や事業所に設置されている浄化槽の維持管理サービスを実施しています。浄化槽について熟知している弊社社員が、皆様へ浄化槽のいろいろなことを分かりやすくお伝えします。

個人・法人のお客様を問わず、浄化槽について何かお困りのことや気になることなどがありましたら、メールまたは電話にて何でもご相談ください。

維持管理の大切さ

浄化槽は、微生物の働きを利用して汚水を処理する装置ですので、微生物が活動しやすい環境を保つように維持管理を行うことが大切です。浄化槽の維持管理は、保守点検・清掃・法定検査に分かれますが、浄化槽法でそれぞれ定期的に実施することが義務付けられています。

保守点検

弊社の浄化槽管理士が定期的(浄化槽法によって定められた回数)に自宅へお伺いし、浄化槽に異常がないか、消毒剤が切れてないか、水質のチェックなど浄化槽の点検、修繕を行います。

清掃

清掃とは、浄化槽にたまった汚泥やスカムといった泥のかたまりを引き抜き、付属装置や機械類を洗浄したり、掃除したりする作業です。この清掃を怠ると浄化槽の機能の低下や汚物の流出、悪臭の原因となります。

清掃の時期は、保守点検に基づきその時期を決定しますが、年1回以上の清掃が義務づけられています。全ばっ気方式にあっては、6ヶ月に1回以上行ってください。

法定点検

浄化槽法では、浄化槽の適正な設置と維持管理を確認する必要性から、全ての浄化槽に対して「法定検査」の受検を義務付けています。

■7条検査

新たに設置された浄化槽について、浄化槽法第7条の規定によりその使用開始後6ヵ月を経過した時点から、県知事が指定した検査機関の行う水質に関する検査を受けなければならないことになっています。

■11条検査

すべての浄化槽について、浄化槽法第11条の規定により、7条検査後、毎年1回定期的に県知事が指定した検査機関の行う水質に関する検査を受けなければならないことになっています。